Return to site

2018年ブリヂストンモータースポーツ活動計画発表

463Racing

2018年ブリヂストンモータースポーツ活動計画が発表され、今年も全日本ジムカーナ選手権におけるサポート選手に選ばれました。

2018年ブリヂストンモータースポーツ活動計画

2018年3月9日に株式会社ブリヂストンが発表したニュースリリースの内容をご紹介しているものです。

 

株式会社ブリヂストンは、2018年のモータースポーツ活動計画を決定しました。当社は、様々なスポーツイベントを通じたブランディング、マーケティング活動の中で、モータースポーツをタイヤビジネスに直接関わる重要なコミュニケーションプラットフォームと考えています。本年もトップカテゴリーのレースからアマチュアドライバーによる参加型のレースまで、多くのモータースポーツを通じて、車両メーカー、その他関係者の皆さまと共に「楽しいクルマ・バイク社会づくり」、「モータースポーツの発展」に取り組んでいきます。
日本では、4輪レースのSUPER GTや2輪の全日本ロードレース/鈴鹿8時間耐久ロードレースに、海外においては、欧州を中心に行われる世界最高峰の2輪の耐久レースFIM※1世界耐久選手権に参戦するチームにタイヤを供給します。北米では、引き続きIndyCarシリーズへFirestoneブランドのタイヤをワンメイクで供給します。これらの厳しい競争下で行われるトップカテゴリーレースを通じて、タイヤ開発力の強化を進めていきます。また、「クルマ好きを増やす活動」として、日本国内で行われるTOYOTA GAZOO Racing 86/BRZ Race、ロードスター・パーティレースⅢやジムカーナ、ドイツで開催され、毎年20万人以上の観客を集めるニュルブルクリンク24時間耐久レースといった参加型のモータースポーツにも引き続きタイヤを供給し、多くの方に「走る楽しさ」を提供していきます。
4輪レースでは主にPOTENZA ブランドで、2輪レースでは主にBATTLAX ブランドのタイヤで、チーム・ドライバー・ライダーをサポートしていきます。
これらのモータースポーツ活動を通してクルマ・バイクの楽しさを多くの方にお伝えするために、サーキット内外でのイベント開催、ウェブサイトやSNSでの情報発信も推進していきます。 ※1 FIM : 国際モーターサイクリズム連盟(Fédération Internationale de Motocyclisme)の略称

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OK